• HOME
  • レスベラトロールとフレンチ・パラドックス

レスベラトロールとフレンチ・パラドックス

赤ワインを飲み始める

私はお酒をよく飲みます。なかでもビールが大好きで、嫁や娘からはたびたび、「それがメタボの原因だ」と指摘され続けていました。ほかにも日本酒、焼酎、ウィスキィ、ブランディなど、アルコールならなんでもこい! なのですが、不思議なことに、ワインだけはほとんど口にしたことがありませんでした。あの独特のお洒落さや高級感がどうも肌に馴染まない、というのは、私と同世の共通感覚かもしれません。

けれど、メタボ解消の最終兵器である以上、そんなことに気を使っている場合ではありません。それに、ほとんど飲まない、といっても所詮はアルコールなのです。アルコールを飲みながらメタボが解消できるなんて、正直にいって、酒好きには堪らないものがありました(笑)。

さて、そうして夕食のたびに赤ワインを飲む生活が始まりました。具体的には、それまでロング缶3本は開けていたビールを350ml缶1本にし、そのかわりにワインをグラスで2、3杯飲む、というものです。さて、赤ワインを飲み始めて実際現れた効果を記すまえに、なぜ、赤ワインがメタボに効果的なのかを紹介する必要があります。メタボと同様、娘からレスベラトロールのことを聞いて以来、私はレスベラトロール・赤ワインについても調べ始めました。結果的にはそのデータ(赤ワインがメタボにもたらす効果)に私は満足することになり、飲み始めることになったのです。

フレンチ・パラドックス

皆さんは、「フレンチ・パラドックス」という言葉をご存じでしょうか? 簡単に説明すると、他の先進諸国と比べて高カロリーな食品(チーズやバターなど)を多く摂取しているフランス人が、なぜか心疾患による死亡率が他の先進諸国より相対的に低い、というなんとも不思議な現象のことです。そして、世界中の科学者が注目し、結果的に解明に至ったフレンチ・パラドックスの要因こそが、「赤ワイン」にあったのです。そして、さらに重要なことが、「赤ワインがフレンチ・パラドックスを起こす要因となりえたのは、赤ワインに含まれるレスベラトロールが作用しているため」という点なのです。レスベラトロールのおおまかな効用は、動脈硬化、高血糖、などの循環器系の生活習慣病の改善・予防することにあります。これだけとってみても、レスベラトロールがメタボ予防、改善に優れた効果を発揮することがおわかりでしょう。