• HOME
  • レスベラトロールとは?

レスベラトロールとは?

そもそも知るきっかけ

そもそもこの聞きなれない、発音もしにくいレスベラトロールという言葉をはじめて知ったのは毎週水曜日にNHKでやっている「試してガッテン!」でした。確か寿命をのばすということで志の輔さんの説明を聞きながらウンウンと納得したのが始まりだったような気がしますね。

で、レスベラトロールとは、そもそも何の物質かというとポリフェノールという植物にはたいてい含まれている色や、細胞を構成する天然成分の一種なのだそうです。ポリフェノールという一括りの中でも5000種類以上あってレスベラトロールはその内の一つなんだそうです。

例えばお茶に入っているカテキンや、ブドウにあるアントシアニン、豆腐に入っているイソフラボンなんかもポリフェノールという括りに数えられるそうです。

で、レスベラトロールのどこがいいのか?

そのNHKの番組では長寿=細胞を若々しく保つために欠かせない遺伝子があり、それをサーチュイン遺伝子と言います。そのサーチュイン遺伝子を活性化させる物質がこのレスベラトロールだった。。。というわけです。これがどういうメカニズムで遺伝子を活性化するのかは失念していましたが、その後自分でレスベラトロールをいろいろ調べてみたところ、レスベラトロールはなにも長寿に関する効果だけではなく、「抗酸化物質」として極めて有効なものだということです。

抗酸化というとこれはみなさん知っているとおり酸化が体にはよくありません。鉄が酸化していくと錆びるように体の中の様々な部位が酸化していくことによって本来の働きを失っていきます。レスベラトロールはこの酸化を抑えると同時に血液の流れを良くする相乗効果によって体を若いいききとした状態に戻してくれるみたいです。

で、さっそく。。

ここで、トップページにも書いたとおり、長女のレスベラトロールに関する一言が私のチャレンジへと導くきっかけとなりました。抗酸化とメタボがどういう共通があるのかはよくわかりませんが、一つ共通するのはこれら2つは「加齢」によって発生するということ。年を取れば誰でも体のどこかにガタがくるわけでそれらの原因は意外と共通しているのではと思ったからです。

あと、お酒をたしなみながらメタボ改善もできるという一石二鳥の効果が私を期待させてくれました(ww。